遠距離恋愛の心理学

遠距離恋愛を失敗しない為に心理学を学ぼう!

遠恋では、公平理論を欠いてはよくないんです。

 

公平性理論とは、2人の負担が同じになっている事が必要で、そうなっていない時に片方だけが、負担を大きく感じる状態を指します。

 

遠距離恋愛は、相手の住んでいるところに行くことがあると思います。

 

スポンサーリンク

 

その時、どちらか片方だけが相手のところに行かないといけないのは、不公平さを感じてしまい、交際そのものに疑問が生じてくるでしょう。

 

遠距離恋愛を上手に続けるコツとして、互いが平等に、金銭面や時間の負担を分け合うことが大切なんです。

 

負担は、重荷となってしまい、やがて、破局に繋がりかねません。

 

互いの負担が平等になるようにする事が、遠距離恋愛を上手に続けるコツなんです。

 

公平に出来ないは、交換条件でも構わないです。

 

公平理論は、大切ですが、負担を平等にことが難しい場合もあると思います。

 

また、そういう事を気にしない相手である可能性もあると思います。

 

スポンサーリンク

 

しかし、そういう人でも、平等さが崩れると不満を感じるものです。

 

そこで、交換条件を出して、まあまあ、公平に近い状態にする方法です。

 

相手よりも自分の方が損をする条件を出すと、相手は、それを断る事が難しいと思います。

 

例えば、自分が2回、相手のところに行ったら、1回は、アナタが来て欲しいという感じです。

 

2回と1回なので、平等ではないですが、最初の段階としては、これでいいと思います。

 

その内、平等にするとしても、最初は、ハードルを低くして、約束する事が遠距離恋愛が上手くいくコツだと思います。

 

スポンサーリンク